ぴょこのうち

共働きの時短、暮らしの工夫、お掃除、作り置き、収納、育児などについて書いていきます。

食器用洗剤を浮かせて、キッチンのシンク回りをお掃除しやすくする方法

おはようございます。
ぴょこぴょこぴです。
(Instagram@pyokopyokop Twiter→@pyokopyokop17

 

ようやく金曜日。ホッとしています。

ブログは土日祝はお休み、平日に更新したいと考えています。

次は月曜に投稿予定です。

 

 今日は、キッチン洗剤を浮かせてお掃除しやすくする方法について書きました。

------------------------------------------------------------

 

物を動かしてから行うお掃除は、めんどくさい

お掃除をするとき、何か置いてあるとそれを動かす手間が増えます

ちょっとしたことですが、私は面倒に感じてしまいます。

そのため、そのひと手間を減らすために、浮かせて収納できるものは浮かせたいと考えています。

 

石けんはソープホルダーで浮かせます

石けんは、ダルトンのソープホルダーを愛用していましす。

本体は、吸盤で壁にくっつけることができます。

小さな金具を石けんに差し込んで、マグネットの力で石けんを本体にくっつけます。

 

カシャっと片手でくっつけるのは、簡単で楽しくもあります。

石けんがふやけてぬるぬるすることはなく、石けん入れを洗う手間も省けてとても気に入っています。

 

洗剤のボトルも、浮かせる収納に成功

洗剤のボトルも浮かせたいと考えていたところ、ぴったりの商品を知りました。 

オテルのマジックシートフックというものです。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114064227j:plain

 

ボトルの本体とキャップの部分に、金具を挟み込みます。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114064331j:plain

 

 口が細くても、抜け落ちないように、樹脂製の補助版がついています。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114064411j:plain

 

本体側は、貼って剥がせるシートになっていて、壁に貼り付けて使います。 

 

f:id:pyokopyokop17:20190114064448j:plain

 

最初は、何度も貼ってはがせるとのことなので、すぐ落ちるんじゃ?と心配していました。

 

実際は、かなりがっちりとくっついています。

このままポンプを押して使っていますが、びくともしません。

 

このグッズのおかげで、キッチンリセット際にボトルを移動させる手間が一つ減り、また少し楽になりました。

 

ラベルはソープの他に、シャンプー、コーディショナーもあります。

キッチン以外でも、お風呂や洗面台で使うのもよさそうで、追加購入を検討中です。

 

 
 
読んでくださってありがとうございます。
今日もよい一日になりますように。
 

お風呂のカビを予防するための、ルーティン

おはようございます。
ぴょこぴょこぴです。
(Instagram@pyokopyokop Twiter→@pyokopyokop17
 
 
今朝は久しぶりに、家族みんなで一緒に家を出ることができました。
 
いつもは、ひとりで荷物を抱えて、次女を抱っこして、長女が車にひかれないように注意しなら保育園に向かっています。
夫が一緒だと分担できるので、とても楽です。
毎朝こうだといいのですが、なかなか難しいです。
 
 
さて、今日はお風呂のカビ予防について書きました。
 
------------------------------------------------------------

 

 

もっとも注意が必要なのは天井のカビ

 

お風呂場のカビで最も注意が必要なのは、天井のカビです。

 

天井にカビが生えると、胞子を下にまきちらすので、お風呂場中にカビが拡散します。

 

カビはとても小さいので、よほどたくさん生えない限り、肉眼では見えません。

そのため、きれいに見えても、実はカビが生えていることが多いそうです。

 

私のお風呂のカビ対策は、天井の除菌掃除と、防カビくん煙です。

頻度は2〜3か月に1回行っています。

 

天井掃除のやり方

①モップが湿るくらい、たっぷりとパストリーゼをスプレーします。

f:id:pyokopyokop17:20190114061404j:plain

 

②モップを逆さに持って、天井を拭きます。

f:id:pyokopyokop17:20190114061437j:plain

 

この方法なら、脚立などが不要なため、さっとお掃除できます。

水滴の跡も拭き取れ、天井がつるんときれいになります。

 

防カビくん煙

天井をお掃除したあと、防カビくん煙をしています。

f:id:pyokopyokop17:20190114061509j:plain

 

天井掃除とべつべつに行っても大丈夫ですが、きれいにしてからやった方が効果がありそうなので、セットにしています。

 

平日やるコツ

面倒なようで、意外とサッとできるお掃除です。

そのため、おもに平日の朝行っています。

 

①早朝、ルーティンでやっている、お風呂の水滴拭きなどのついでに、モップで天井を拭きます。

②家を出る直前に、防カビくん煙をセットしてくん煙します。

③帰宅後、くん煙剤を片付けます。

 

天井拭きの翌日に防カビくん煙をするなど、2日に分けてもいいと思います。

面倒なように見えて、実働時間が短いお掃除なので、おススメです。
 
 
読んでくださってありがとうございます。
今日もよい一日になりますように。
 

 

バスタブについた、4年分の頑固な水垢を落として、ピカピカにする方法

おはようございます。
ぴょこぴょこぴです。
(Instagram@pyokopyokop Twiter→@pyokopyokop17

 

とても寒いですが、関東はカラッとしたいいお天気です。

こんな日はオフィスにこもるのが、なんだかもったいない気がします。

 

今日は、4年間ためてしまった、バスタブのふちのガサガサしたカルキ汚れを落とした時のことについて書きました。

------------------------------------------------------------

 

 

4年間蓄積した水垢

 

バスタブのふちはツルツルですか? それとも、ざらつきがありますか? それとも…ガサガサですか?

 

恥ずかしながら、わが家はガッサガサでした。

お風呂掃除は行っていましたが、水滴を拭くなどは行っていなかったので、頑固な水垢が何重にもついてしまっていました。

 

毎日のお掃除は、スポンジにお風呂用洗剤をつけてこすっていました。それでは、固い水垢は落ちません。

 

水栓金具や鏡などの水垢は目立つので、こまめに落とすようにしていましたが、バスタブの縁はいつのまにか水垢を溜めてしまっていました。

汚れを溜めた期間は、新築以来の4年分です。

 

茂木和哉バスタブ用を使用

 

使ったのは、「茂木和哉バスタブ用」です。

水垢用の洗剤で有名な、「茂木和哉」より、研磨剤が少なく傷がつきにくいそうです。

※「茂木和哉」は、水栓などの金具部分に使用しています。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114051905j:plain


 少ないといっても研磨剤は入っています。絶対傷をつけたくない!という場合はやめたほうが良いかもしれません。

 

私は、使用したことはありませんが、「茂木和哉キッチン用」は研磨剤がとても少ないので、茂木和哉シリーズの中で一番傷がつきにくいとか…

 

f:id:pyokopyokop17:20190114052019j:plain

 

茂木和哉には超人たわしZがおすすめ 

茂木和哉バスタブ用を超人たわしZにつけて磨きました。

 

超人たわしZは一般的なスポンジより、薄く、やや硬い触り心地がします。

 

薄いので、茂木和哉が中にしみこみにくく、使用量を抑えることができます。

水栓金具など複雑な形をした部分を磨く場合もフィットしやすく、細かな部分が洗いやすいのがお気に入りです。

 

唯一の難点は、どぎつい色でしょうか…もっとナチュラルな色なら最高!って思います。

 

ボトルに書かれた使い方には、柔らかい布につけて磨くと書かれていました。もしかしたら、その方が傷がつきにくいかもしれません。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114052229j:plain

 

軽くこするだけで、ピカピカに

傷をつけたくないので、あまり力を入れないように気をつけて、くるくると円を描くように磨きました。

 

磨いた後、シャワーで洗い流して、タオルで水滴をふき取るとピカピカに!

ただし、手で触って確認すると、落としきれていない水垢が少し残っていました。

 

f:id:pyokopyokop17:20190114052305j:plain

 

後日、何度か繰り返して、ツルンツルンにしたいと思います。

 

ビフォーは撮っていないのですが、リモコンも磨きました。

かなり綺麗になりした。

よく見るとすこし残ってしまっていますが…

 

f:id:pyokopyokop17:20190114052333j:plain

 

汚れを蓄積させないためのルーティン

このお掃除を行って以来、もう汚れをためたくない!と改めて考えるようになりました。

 

そのため、バスタブのふちなどの水滴を拭き取ることを、朝家事のルーティンに入れることにしました。

 

しっかり汚れを落として、毎日水滴を拭き取っているので、今後はツルツルを維持できるのでは、と考えています。

 

 

読んでくださり、ありがとうございます。

今日もよい一日になりますように。